ソフトバンク・auが値下げプランをリリース、その内容は?

スマートフォン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 2020年10月28日、ソフトバンク・auの2社はサブブランドである「ワイモバイル」「UQモバイル」(以下、サブブランド)にて新料金プランのプレスリリースを行った。菅義偉首相が言及している携帯電話料金の値下げについて総務省が各キャリアへ要請を行ったことが背景となっている。

新料金プランの概要

・ワイモバイルの新プランは4,480円で「家族割引なし・通話定額付き」
・UQモバイルの新プランは3,980円で「家族割引あり・通話定額なし」

  総務省から要請のあった「20GBプランを4,000円程度で」という内容を押さえたプランとなっている。割引サービス・オプションサービスの扱いが異なり、通話定額加入時は「家族割あり→UQが300円安」「家族割なし→Y!mobileが200円安い」という住み分けだ。※UQの家族割引きは2回線目から適用の為注意必要。

 また、今回のプランは両社とも月間データ容量超過時の通信速度を1Mbpsと引き上げている。

▼サブブランド新プラン比較
 Y!mobileUQ
プラン名シンプル20スマホプランV
料金4,480円3,980円
60分/月無料500円
10分無料無料700円
24時間かけ放題1,000円1,700円
家族割引500円
提供開始予定日2020年12月末以降2021年2月以降

 

恩恵を受けるユーザーは?

 サブブランドの高容量プランは1GB当たりの単価が高く、従来は「低容量~10GB→サブブランド/高容量→メインブランド」という住み分けを行っているような印象だ。今回の新料金プランにおいては、新たに中間の選択肢が増えたような格好になる。

 サブブランドのみならず格安シムも帯域の圧迫はサービススペックを組む上での懸念事項で低容量帯をメインとした展開となっていた為、10GB以下では足りないが50GBまで必要がないというユーザー(特に家族割引等を組めない場合)は今回の恩恵を受ける事が出来るだろう。

 下記がソフトバンク系プランの1GBあたり単価表となる(条件を揃える為、SBプランには準定額オプション付き)

▼SoftBank/Y!mobileの料金プランで比較した1GBあたりの単価目安
GBプラン名基本料1GBあたり
1GBSプラン(YM)¥2,680¥2,680
10GBMプラン(YM)¥3,680¥368
14GBRプラン(YM)¥4,980¥356
20GBVプラン(YM)¥4,480¥224
50GBメリハリ(SB)¥8,360¥167

 単価も大きく安くなっている訳でもなく、率直に言うと携帯料金が安くなったというよりも「中容量帯の選択肢が増えただけ」というのが筆者の正直な所感だ。

値下げについては賛成だが…

 過去何度も議論されてきた携帯電話料金の値下げだが、再度の要請により今回の新プラン発表に至った。総務省の強い要請に大手通信事業者3社は答えざるを得ないというのが現状だ。

 今回の新プランの影響度合いは不明だが、MNO(大手キャリア)が様々な値下げを強制的に行うことになった場合、収益性が悪化ししわ寄せを受けた格安シムの料金が高くなったり、通信品質に影響が出る可能性も考えられる。

 MM総研が発表したNTTドコモ・au・ソフトバンク、ワイモバイル・UQモバイル、及びMVNO各社それぞれのデータ通信サービス利用実態(2020年2月時点)が下記となっており、およそ全体の6割程度のユーザーが「3GB」以下の通信しか使用していないことがわかる。

  上記は2020年2月時点のデータだが、コロナ禍の状況変化で外出機会が減ったことで外出先での大容量通信の需要というのはさらに縮小していてもおかしくはない。

 そういった点では総務省の的外れな要請により、いたずらに大手キャリアの収益悪化のリスクが高まったようにも見える。

その他事業者の対応は?

 ソフトバンク・auが即対応方針を発表した中、ドコモに関しては発表を行っていない(2020年10月31日時点)。ドコモに関してはサブブランドを持っていない為、新プランを設計するか現在のギガホ・ギガライトの仕様変更を行う必要があり対応が遅れていると思われる。

 そして最後のMNOとなる楽天モバイルだが、楽天un-limitプランはデータ制限なしで2,980円と総務省の条件を十分に満たしているが、auローミング終了問題等がありそもそも土俵に立っていない感がある。

まとめ

▼10GB以上使いたいが50GBは要らないユーザーが検討対象
▼通話を使用しない、もしくは家族まるごと検討ならUQ一択
▼月間20GBを超えても1Mbpsでの利用が出来る

上記対象になる方は申し込みを検討してよいかと思います、この記事がご参考になれば幸いです。
ここまでお読みいただきありがとうございました。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました