NFCって何?規格の意味や通信の仕組みを解説!

スマートフォン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 NFC(Near Field Communication |エヌエフシー)は近距離無線通信技術の一つですが、規格が複数存在しサービスも多様化しています。そのため「NFCとFeliCaの違いってなに?」「NFCってそもそも誰がつくったの?」といわれると意外とわからない方も多いのではないでしょうか?
 この記事では「NFCとはなにか?」という疑問全般をピックアップしてわかりやすく解説しています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NFCの概要

NFC規格の概要

 各種電子マネーやクレジットカードに搭載されているタッチ決済はNFC(Near Field Communication:近距離無線通信規格)という技術が採用されています。
 NFCは13.56MHz帯の周波数を使用した無線通信の一種です。2つのデバイス間でのみ接続がされ意図しない接続が発生しない(高セキュリティ)、一方のデバイスに電力があれば作動する(電力不要)、接近する事で相互接続を自動で行う(個別認証不要)などの特徴から、タップ&ペイによる決済サービスに適した通信方式です。NFCタグによる在庫管理システムやライブや映画館などでチケットに代わる認証システムなど、幅広く生活の中に利用されています。

 NFCのはじまりは、2003年にソニーとフィリップス(現:NXP)が共同開発したNFCIP-1が国際標準規格(ISO/IEC18092)に制定されたことに始まります。この際に既存の非接触ICカードの互換性を持たせるための仕様を制定する目的で、ソニー・NXP・ノキア社の3社が設立メンバーとなり業界標準団体であるNFCフォーラムが発足しました。現在はこのNFCフォーラムが中心となりNFC技術の普及を推進しています。

国内と世界でのNFC技術の違い

 国内・国外問わず普及しているNFCですが、上記のNFCフォーラムが発足する前から日本は独自の進化を遂げており主流となる規格に若干の違いがあります。

世界的に普及しているNFC

 世界で一般的に使用されているNFCは、フィリップス社(現:NXP)が開発した「NFC Type-A」とモトローラ社が開発した「NFC Type-B」と呼ばれるものです。
 この中でもType-Aは生産コストが低いことから世界で最も普及しておりクレジットカードのタッチ決済を中心に使用されています、国内でもたばこの自販機での成人認証として使用される「Taspo」などに利用されています。
 Type-Bはセキュリティ性が高く、国内ではマイナンバーカード、運転免許証、パスポートなどに利用されています。

・国際的に使用されているNFCは「NFC Type-A」と「NFC Type-B」
・「NFC Type-A」 は国内ではTaspoで使用
・「NFC Type-B」は国内では免許証・パスポートなどに使用

国内で普及しているNFC

 日本国内で主流となっているのが「NFC Type-F」と呼ばれるものでこちらは「FeliCa(フェリカ)」と呼ばれるものです。
 2000年以降交通系電子マネーに採用されたことで普及し、その後携帯電話にFeliCaチップを搭載した携帯電話(おサイフケータイ)が登場したことで爆発的に普及しました。
 国内・外で使用される技術が異なっている背景として、「Type-A / B 」と比較し「Type-F」は最大通信速度が847kbpsと優れており、Type-A / Bの2倍に近い伝送速度を有しています。そのため交通系ICカードとして交通機関で使用されることに非常に適していました。繰り返しになりますが、日本国内でNFCが普及させたのはFeliCaのため国内では自然とType-Fが主流になっているということです。

・国内で主流となっているのは「NFC Type-F」
・「NFC Type-F」=「FeliCa」
・Type-Fは通信速度は速く交通系ICへの利用に適していた
・「NFC Type-F(FeliCa)」対応スマホ = おさいふケータイ

NFC対応 = Felica対応?

 FeliCaはNFC規格に内包されている一部の規格のため、「NFC = FeliCa」ではありません。そのため海外製スマートフォンなどで「NFC対応」のスペックであっても「FeliCa非対応」というあべこべが起きてしまいユーザーを困惑させています。そのため使用規格をチェックする際は「NFCのType-F対応か」というところを確認すればFeliCa対応か(=おサイフケータイ対応か)ということがわかります。

Type-A / B 規格を使用した決済サービス

 クレジットカードなどに搭載される決済サービス(NFC PAY)は「Type-A / B 」を使用しています。Type-A / B と Type-F では読み取り機器が異なるケースが多く、FeliCaのみの対応の店舗も多いのが現状です。
 ちなみにiPhoneに搭載のApplePayは、Appleが日本版のみType-F対応とする異例の設計を行ったため意識せずともどこでも利用が出来ます。

まとめ

 NFCを利用する際は、使用するサービスのNFC Typeを確認してから端末の対応を確認しましょう。現在国内ではType-Fが主流ですが、様々な背景から今後についてはType-A / B / Fすべて対応のリーダ・ライターが普及し、ユーザーは特に意識する必要がなく決済サービスを使用できるようになるでしょう。

 ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました